走る話と登る話と遊ぶ話と猫の話

マラソンやったりトレランやったりゲームとかしたり猫と戯れたりした話を綴ります

6月もいつの間にか終わっていたというお話

気が付いたらもう6月も30日だったらしい酷く恐ろしい話だ!

でもまぁ6月中にやっときたかったことをほぼほぼ全消化できたよ

 

・2年ぶりぐらいのプチ断捨利

CDやらDVDやら書籍やらゲーム機本体やら使ってない家電やらを処理

無駄金使いやがってと当時の自分に言ってやりたいが後の祭りって奴だ

しかし脳内でざっと計算すると7桁は軽く行ってるってのが頭悪すぎる

 

・新しい眼鏡一本買う

年末に大きめの法事があるので古い眼鏡では体裁も悪いかなってことで

近場の眼鏡市場で一本購入、しかしコンタクトにする勇気は未だにない!

余裕が出来たらトレイル用のサングラスも買いたいのだけど余裕はない!

 

スマホを機種変更する

本日土砂降りの中名駅ビックカメラでやっとこさ変更

dポイントやらビックポイント使って4万ほど値引きぶっこんでやった

ただし肝心の変えた機種は小馬鹿にされるので言わないゾ(笑)

 

・夏場に走れるようにある程度6月中に走りこむ 

今日の夕方雨が上がったので10キロちょい走って6月はギリ月間250km超

f:id:mizkenchang:20190630215837j:plain

月間300とか400走ってる人をブログとかでたまに見るけど恐怖すら感じるネ

ただ初めて250超えたけど無理したーって感じは一切しなかったので

この感じで7月8月を上手いこと200-250km程度走るのを目標にしつつ

暑さと勤続疲労に打ち勝って今年後半のレースに備えたいな

 

んでんで6月中に決めたかった今年の後半のレースがほぼ決まったので書き書き

 

07/21 奥比叡・櫛田トレイルランニングレース

09/01 かっとび伊吹

10/20 かもしかハーフマラソン

11/11 いびがわマラソン

12/08 奈良マラソン

 

こんな感じであとは出るか迷ってるのは9/29の若狭路トレイルってところで

前回意欲的だった9/15の丹後ウルトラマラソンは色々悩んだ結果申し込まず

体力的な問題やら宿泊的な問題やら費用的な問題やら諸々考えた結果

またの機会でもいいかと気分的になってしまったかな

誕生日にウルトラ走る機会なんて早々ないので出たくはあったのだけどね

 

櫛田トレイル富士登山競争見送ったけど7月何も出ないのもつまらんかも

ってことで日帰りで行ける程度の近場で距離も累積標高もそんなでもなく

ゆるく楽しめそうなトレイルかなぁってことでエントリーしたものの

3週後に最近雨もあって全く山練できてないのでヒィヒィいうことでしょう

 

かっ飛びは3年連続?4年連続だっけか8月中と思いきやまさかの9月

とりあえず出るには出るけどそんなに頑張らないつもりー

迷ってる若狭路トレイルは櫛田トレイルの結果次第で決める予定

フル2本に備えてロード練習を重視するか否かってトコでしょうかね

 

かもしかいびがわは去年と同じのローテに加えて12月に奈良マラソン決定

3つとも起伏があるコースなんで気合入れて頑張らないとダメそう

夏場に頑張って走るしかないけどさて走る気力が残せるのかー

 

年明けは矢矧ハーフ、木曽三川もハーフの予定を脳内で妄想しつつ

今期のマラソンシーズンの最後は2月の姫路城マラソンで締めるぞ

という野望を抱き来月下旬のエントリーを気合で頑張る所存

 

そういやブログのタイトルに猫の話ってついてるけど猫の話してないので

我が家のお姫様の画像だけ貼って本日はココまで!

f:id:mizkenchang:20190630220533j:plain



富士五湖その後と今年もいびがわマラソンエントリーしたというお話

f:id:mizkenchang:20190527210945j:plain


さくっと3年連続3回目のいびがわマラソンエントリー完了

今年こそはいびがわでサブ4とりたいねーできれば自己ベストだけどねー

何はなくとも夏場に走れるかどうかだけど夏場の長時間に渡る立ち仕事の疲労やら

ストレスから来る暴飲暴食による体重増加に抗うことができるかが鍵かなー

何とか朝だけでもしっかり走れるように頑張りたいところー

 

さて富士五湖で発症した腸脛靭帯炎の予後の方はほぼ治ったかなという感じ

6月半ばまでは無理して山登りに行ったり長時間や早めのペースで走ることは

ちょいちょい避けつつ暫くはストレッチ+筋トレ+ゆるジョグorスピンバイクで

体重増加を抑え込みつつ幹部周りの柔軟性と筋力補填ってとこかなー

 

富士五湖の反省点としてはやっぱり練習不足とそれに伴う体重増加

当日の体調やらレースペースやらシューズ等ギア選択なんて軽度な誤差レベルで

結局は膝に負担を掛けることになったこの2点に尽きると思う

12月のトレイル後の膝の不調の影響で1、2月にしっかり走り込めなかったのに

運良く静岡マラソンでサブ4取れたせいで結局富士五湖まで追い込めなかった

 

なんだかんだで50km程度のトレイルもフルマラソンも長距離なんだから

せめて自分で体重ぐらい管理しないと今後ずっと故障とお友達関係を

続けることになりかねないので最初にも言ったけどこの夏は何とかしたいなー

 

んで今後のレース予定の方は年内でも全然決まってないのだけど

8/25?のかっとび伊吹と今日エントリーした11/10のいびがわマラソンは確定

いびがわの調整がてらに10月半ばに去年同様かもしかハーフにも出たいかな

 

トレイルの方はハセツネは完走できる気がしないのでクリックにも参加せず

同様にIZU TRAIL JOURNYも無理なので抽選待ちもせず

トレイルはそれ相応の練習して臨んでいかないと色々と無理ってのは

今年の新城32Kで身に染みてしまったなー特に初めて出るレースなら尚更にねー

 

来年奥三河PTに出たいと思っていたけど少なくとも2月にフルマラソン1本は

走るつもりなのでやっぱり1、2月にトレイルの練習はしづらくなる

そうなると新城だけ出てもうそれで満足しておくべきなのかなと思ってみたり

 

でトレイルの代わりに迷ってるのが9/15の丹後ウルトラマラソン

日程的にはややきびしめなのだけど当日受付可能なので出られなくない

寧ろ色々と上手く行けば前泊できるけど富士五湖であの様でまたすぐウルトラか?

と自分でも思わないでもないので6月半ばあたりまで迷ってみるつもり

ちなみに実は9/15が実は誕生日なので出るならお誕生日タスキ掛けて走る予定(笑)

チャレンジ富士五湖ウルトラマラソンで100km走った?お話(後編)

なんかだらだら書いてるうちにUTMFが雪でコース短縮になってたり

そもそも元号が変わってたりするけど特に気にもせず後編をお送りします

 

50キロ手前で違和感を覚え始めた膝の外側の痛みといえば腸脛靭帯炎

今年の初めに痛めてた右膝周りを無意識に庇ってたせいなのか左膝に発症

違和感を感じ走りながら左の臀部から左の外腿をガシガシ叩いて解しつつ

ゆるゆると前に進むが時既に遅しで丁度50km通過する辺りで痛みに負けて歩く

 

さて50キロ通過タイムは5時間29分、つまり8時間半で残りを進めば完走

ここで1年半前に完治しないまま走った袋井メロンマラソンの記憶を穿り返す

その時は見事にレース中に再発し10km過ぎから残り30キロ余りを

ほぼほぼ歩きで4時間半も掛けてゴール、という苦い経験から間に合うか推測

 

残り時間8時間半で残り50キロを最悪全て歩いて進むと仮定すると

キロ10分ペースでも1時間おおよそ6キロ進めるので8時間半で51キロ

当然エイドで休む時間は殆どなくなるがまだ走れるので余裕はあるはず

 

そんじゃま行けるトコまで行くってことで走って歩いて作戦でレース続行

想定通りの前半5時間半で作れたマージンを何とか最大限に活かして

制限時間ギリギリでいいから完走でもできれば13時間切りたいなぁ

とまだこの時は思っていたが8時間も歩くのは長すぎたよ

 

・50-60km

まだ少しでも走れるうちに多少なりともマージンを稼ごうと53キロあたりで

とりあえずロキソニンを一錠突っ込みつつ我慢できなくなるまで走る作戦

足和田エイドではドロップバックに消炎鎮痛スプレーでも入れときゃ良かったかな

と当時は思ったがあそこまで症状進むと大して効果はなかっただろう

汗も引き加減だったが着替えたり各種補給して10分程度休んでゆるゆる進む

 

・60-70km

精進湖への下りである程度速度が出ると痛みが軽減されることに気づき

下り基調をキロ5分程度でぶっ飛ばし平坦やら登りはガチ歩く作戦を敢行

ええ近く走ってる人は「何この人下りだけ飛ばしてるの?」と思われたでしょう

これしかやりようがなかったんだよおおおおおおおおおおおおおおおお

 

・70-80km

下りガチ走り作戦の無理がたたって来たか全く走れなくなりひたすら歩く

ドロップバックからモバイルバッテリーとGPSウォッチを繋ぐケーブルを出し忘れ

電池切れそうああ電池切れるペース判らなくなるどうしようと思い始める

でも普通に歩けば間に合うよきっと間に合う間に合うよ間に合うはず

 

・80-90km

信号で待たされた後に動き始める時に非常に痛みが酷く信号に呪詛を吐き始める

ついぞ8時間前までは「信号待ちは合法的に休息できるぜはっはっはー」とか

言ってた奴がどっかにいるらしいがそんなことは忘却の彼方である

85kmあたりでGPSウォッチの電源が切れるも結構ひたすら歩くしかない

 

・90-100km

間に合うことを確信していたものの痛む膝に残り5kmからの長い登り坂がきつい

多分膝が痛んでなくてもきつかっただろうなと思いつつひたすら歩いて登る

「まだおわんねぇのかこの坂は」と心の中で呪詛を吐き散らしつつ登る

モットーのエンジョイ&エキサイティングはどこに行ったんだこの男

 

そして競技場に入り「最後は笑顔!」と沿道の人に声を掛けられ我に返る

不恰好でも無理矢理最後は走ってゴールテープを切って何とか完走

 

f:id:mizkenchang:20190503000317j:plain

前半5時間半で後半8時間とか正直どう表現していいのか判らない結果であった

長くなったし完走した感想やら膝の経過やら夏以降のレース予定は次回!

チャレンジ富士五湖ウルトラマラソンで100km走った?お話(前編)

練習不足のツケってのは一番辛い時にやってくるんだよ的な何かである

 

前置きは置いておいて先週は自身初めてのウルトラマラソン参加となる

第29回チャレンジ富士五湖ウルトラマラソン100kmの部にいってきたよ

 

土曜の午前中まで仕事して午後から3時間半ほど車で移動し

夕方早めに夕食をとって近くのスーパーで朝飯諸々買い込んで

河口湖近くのコンドミニアムっぽい宿泊施設で早々に就寝

車中泊も検討したけど車がボロいし色々心配だったのでやめておいた

 

朝は3時前にいそいそと準備して宿を出てーの駐車場着きーの

シャトルバスに揺られーのでさくさくと富士北麓公園に到着

f:id:mizkenchang:20190422215410j:plain

アーリー特典貰ったり荷物預けたりドロップバック預けたりしてると

あっという間にスタート時間の4時45分が近づき

朝の気温は2度と結構な寒さの中次第に明るくなってきたところで

陸上競技場からの綺麗な富士山を拝みながらのスタート

 

f:id:mizkenchang:20190422215439j:plain

数日前まではキロ6分半ぐらいのペースでだらだら行く予定だったけど

様々な検討の結果キロ6分程度のペースで50kmまで粘って

間違いなく足が死んでゾンビ化してる後半はキロ7分強のペースで

前半5時間半程度で後半7時間弱の12時間半ぐらいでゴールを想定

ということで無理のないジョグペースの6分でゆるゆると進む

f:id:mizkenchang:20190422215501j:plain

なかなかの晴天だったので富士山は綺麗だったなー

といってもそんなに回数来てないのでこれが綺麗なバージョンなのか

普通のバージョンなのかはわからないけどね!

 

30キロほど走って山中湖をぐるっと回って戻ってきたところの登り返しで

足が売り切れぎみになり登り基調をやや歩きで進行

去年富士登山競争で登った上り坂を脅威の全歩きしつつ

その後の下りをガッツリ走らされた後のエイドで補給したら

結構足が戻ってきてたっぽいので再びキロ6分ペースに復帰

 

そこから河口湖畔までの道のりで沿道の必死な幼女に飴を頂いたり

独身貴族なのに沿道のお兄さんに「お父さんカッコイイ!!」とか言われたり

写真もちらほら撮りながらエンジョイしつつずんずんと進む

f:id:mizkenchang:20190422215525j:plain

そしてこれなら5時間半ぐらいで50キロ通過できるかなぁ

などと思っていると49キロを超えたあたりで

唐突に左ひざ外側に懐かしい違和感が出始める

この感じは1年半前もやっちゃったアレだな

まだ半分なのに嫌なアレが来ちゃったなぁと悟る

 

そんなこんなで我慢と忍耐の後半戦が始まるのであった(続く・・・はず)

新城32K(遅報)とか多度山トレイル行ってきたよというお話

 せめて1か月に1回は更新しようよと自分でも思うのだけど

下書きだけして2週間経ってたりして結局書き直してたりするのだった

 

先月末の新城32Kは昨年同様棚山のアップダウンで力尽きて目標の7時間切れず

そこまでの道中で転倒しまくってたり疲労で足が終わってたりで

終盤の岩場でちょい危険を感じたので無理しなかったら間に合わなかった

f:id:mizkenchang:20190408140356j:plain

足が終わった原因は宇連山後の走れるトレイル区間が気持ち良すぎ

移動中のボラの人もびっくりのペースでぶっ飛ばし過ぎたのと

静岡マラソン終わって3月中の日曜に山練頑張ろうと思っていたところに

日曜立て続けの雨模様で予定していた4割程度しかできなかったのが響いたか

12月から1月末に怪我で走りこめなかったツケが色んなとこにも回ってる感じ

 

んで先週は三河PTに出たかったのだが富士五湖100km入れてしまったので

その代わりに昨年も出た多度山トレイルランのチャレンジコースに参加

昨年は石津御嶽分岐まで多度峡経由の時計回りだったのが今年は逆回りだそうな

 f:id:mizkenchang:20190408140527j:plain

スタートから6km近くロードで1.5kmから6kmあたりまで結構な斜度を

ひたすら登るのだがこういう練習最近一切してないので走り切れず

8月のかっとび伊吹までにはちゃんと練習しとこうと心に誓いつつ歩いて走る

 

その後は緩いアップダウンがあったり稜線走ったりで石津御嶽を抜けて

姫恋山までの林道を走って折り返してパラグライダー場のエイドに戻ると

先週日曜に無理に50km走ったせいかそれとも単にエネルギー切れかは

判らないが完全に足が終わった感じになったので怪我だけ気を付けながら

下り基調の残りをゆるゆると走って最後だけ全力疾走でゴール

f:id:mizkenchang:20190408140633j:plain

一応公式25kmが実質距離27kmだったそうだけどタイムは前年より30分落ち

3時間30分切りたかったけど今の体調体力体重ではこれが関の山なのかなぁ

ゴール後は恋姫山の復路ですれ違った知り合いのゴールを待ち

一緒に談笑しつつマルシェでもぐもぐタイムをしてサクッと帰宅

 

はてさて2週間後には富士五湖ウルトラマラソン100kmの部

どうにかこうにか完走できるかはたまた失意のままにリタイアして帰るか

先週50km走った感じだと五分五分という感覚しか持てなかったけどはてさて…

唐突に久しぶりに書いた話が静岡マラソン完走したお話

はいお久しぶりですよくあるサボりです

それでは文章で12月から2月中旬までのダイジェストをどうぞ

 

12月の熊野古道トレイルの終盤で右ひざ裏辺りの痛みが出てたのは

右足の鵞足炎とおまけでハムストリングの裏も少々痛めてたらしく

治りかけの状態で出た新年早々の矢作川ハーフでやや悪化

1月20日木曽三川フルマラソンDNSして1月ほぼ丸々ランオフ状態

 

ようやく少し走れるようになったので2月にやっと走り始めて

2月10日のモリコロラソンで案の定25キロで足が終わって4時間43分の撃沈

いやこんなアップダウンあるとかしらんし15年ぶりぐらいやぞ愛地球博記念公園

 

そんなこんなで迎えた本日の静岡マラソンは気合を入れて前日入り

「当日新幹線で間に合いますよ」とか「当日朝でも車ですぐですよ」とか

言われたけど距離短かろうが朝一移動とか疲れるし絶対やらかすもん!もん!

まぁ来月の新城32Kは前日受付で帰って当日朝また行くけどさ(ダブスタ野郎

 

前日の15時過ぎまで仕事して早上がりさせてもらって着いた静岡は雨模様

参加賞引き換えしてホテルにチェックインし近場でラーメン食って早々に就寝

どうやら猫撫でてからじゃないと寝れない身体になったのか眠りは浅かった

 

当日は5時起きで前日に買っておいた朝食をだらだら食べつつ準備

7時前にチェックアウトして現地に移動しトイレ済ませて手荷物預けて

スタート地点へ移動、する前にもう一回トイレ行っとくべきだったね!

でもそんな後悔は先に立たずで時間は過ぎ去りサクッとスタート

 

さてDブロックスタートだったのでスタートゲートくぐったのは5分弱後

とりあえずは5分15秒前後を刻んでサブ4クリアを目標として進めるも

スタート前若干寒かった(用意しといたゴミ袋ポンチョを出し忘れた)のと

水分取りすぎたのと直前にトイレ行かなかったの三重奏で最初のトイレに直行

 

結構並んでてここで早くも4分ほどガッツリとロス

まぁ軽くなったしまだ焦るような時間じゃないよと思っていると

何故か10キロあたりで再びトイレに行きたくなってしまい再びトイレに赴く

うん新年度明けにちゃんと前立腺の検診行こうかな

 

その後はリカバリーを意識しすぎて25キロ過ぎまでややオーバーペースも

そもそもフルでもトレランでも30キロ以降に足がしっかり残ってる記憶が

皆無なのでやっぱり35キロあたりからおぞましいほどラップが落ちた

前述のオーバーペースでマージン稼げたのか何とかキロ6分半でいければ

サブ4行ける目処が立ったので「こりゃ遅くても走ってりゃ間に合うぜ!」

ということで普通に抜かれまくりつつひたすらゴールを目指す

 

 

最終盤はぐだぐだになった挙句グロスでサブ4は別に良いんじゃねぇの?」

「ネットサブ4で満足じゃろ」「ガッツリ歩けばよくね?」的な誘惑に抗い

かろうじてグロスでもサブ4達成で自身初のサブ4に華を添えましたとさ

 

f:id:mizkenchang:20190224202708j:plain


はてさて次回は1ヵ月後の新城32Kでその更に1ヵ月後に富士五湖ウルトラ100K

前者はまだしも後者は今日の有様で完走できるのだろうか

第6回熊野古道トレイルランニングレースのお話

先週土日は三重県熊野市にて熊野古道トレイルランニングレースに参加

これまでの最長距離が9月の位山トレイルの43Kだったので初の50K超

完走率も75%程度ということで自分的には結構なチャレンジであった

 

50Kは前日受付のみだったので友人と3人で土曜の午前10時頃に出発

途中休憩挟みつつ4時間ほどで到着しサクッと受付を済ませて

14時から1時間ほど前日説明会と鏑木さんの講演会をゆるりと拝聴

うんうんやっぱり何事もE&Eだよねと曲解したりなんかしつつ

夜は尾鷲まで戻って安いビジホで早めに就寝して翌日のレースに備える

 

f:id:mizkenchang:20181203171244j:plain

でもって朝5時過ぎに会場到着して荷物あずけーので6時にスタート

余談だがゲストランナーの鏑木さんは5分遅れでスタートして

次々にぶち抜いてくれるらしいけど早々に抜かれるのは間違いない 

 

f:id:mizkenchang:20181203171158j:plain

スタートして30分あたりのロード途中で撮った丸山千枚田

どうせ中盤以降は余裕ないからここらで写真撮っとくかで撮影したもの

ここから少しアップダウンがあり第1エイドの赤木城跡ASに1時間15分で到着

ちなみに鏑木さんには8km過ぎの下りで颯爽と風のように追い抜かれたぜ

 

1時間半で着ければ良いのかなーと思っていたので予想よりは早めだったかな

茶粥をサラッと胃に流し込んで最近近くて心配だったおちっこを済ませると

一緒に50Kに参加した友人と入れ替わりになる感じで出発

 

f:id:mizkenchang:20181203171208j:plain

AS1から長い林道を歩いて走って登ってたどり着いたパラグライダー場で撮影

逆光で顔見づらいから修正なしでもいいや感を漂わせつつツエノ峰での雲海

今年は暖かかったせいかいつもよりは雲海の高さが低かったそうな

以降写真は撮らなかったというか撮れなかったのだけど理由は後述

 

ここらから本格的に山に入ってく感じだったのだけど15km過ぎの分岐で

前走者について行ってしまい往復1km程度で10分余りのロスト

初の50K且つ制限時間やべーのにやっちまった感が漂ってやや精神的に焦るも

戻った分岐のところで丁度AS1で入れ違いになった友人に遭遇

ここから友人に先行してもらってAS2まではいい感じにペース作れたかもー

なんというかまぁ人間万事塞翁が馬ってやつだとは思う

 

ツエノ峰を下り切り丁度半分の25kmにある小川口エイド手前のロード下り区間

友人がなんか力尽きてそうだったので非情にも置き去って河原を歩きAS2着

味噌汁やらバナナを頂きトイレを済ませると再び友人と入れ違いに出発

「もう貴様は用済みだーふははははー」とかは決して思っていない決して!

 

でもって関門時間5時間の板屋交差点を4時間15分で通過

事前に建てたレースプランではここを4時間半で通過するのが目標だったし

何とかつらそーな後半部分を45分の貯金を持って挑めるぞってことで

ここらで完走はできるもしれんなーと思い始める

 

その後はロードを2kmほど進んで山場の一族山の登りに突入

確かにここの登りはそこそこきつかったけどレース通して実感したのは

やっぱり自分は登りよりも下りの方が圧倒的に苦手だということ

下りはセンスとテクニックと何よりも慣れが必要なのだろうけど

登りは只管マーカー見つけて登ればいいのでその点は圧倒的に登りの方が楽だ

 

第3エイド手前の下りでやっぱり苦戦しつつも布引の滝ASに5時間40分に到着

めはり寿司とぜんざいを美味しく頂き一応またもやトイレを済ませて戻ると

何か先に行った人が戻ってくるけどなんぞやーと思ってたら

ここから滝の写真を撮るために無駄に林道を200mを往復させられたぜ

例のごとく自前で写真撮ってないから運営が上げたら貰おうかな

 

AS3から次の登山口までの結構長めの登り林道を歩き一辺倒で済ませた後

アップダウンが5回ぐらい続いたこの区間が下りが苦手な自分には辛く

特に後半は滑りやすくて3、4回尻餅ついたりでおどおどしながら下る

更に右の膝裏に痛みが少しずつ出てきたので無理せず急がずって感じだった

 

でもって最終エイドの矢ノ川ASには7時間40分ほどで到着

流石に膝裏の痛みが多少酷くなってもここから2時間は掛からないだろう一安心

ややお腹が空いていたので待ってましたとサンドイッチを8切れ程食べ出発

 

さて後はだらだら熊野古道の石畳か復路の千枚田でも記念に写真撮りながら行くか 

と思ってたらどうもスマホの電池が完全に切れてたらしくカメラが起動しない

どうやらうっかりGPS付けたまま機内モードにすらしてなかったので

ソシャゲで疲弊した電池君はレース半ばでお亡くなりになってたらしい

 

仕方ないので撮影は諦めて最後の登りをちんたら上りつつちょろっと下ると

あれこれ行きに来た道じゃんもう終わりじゃね9時間切れるじゃんと気づき

やや痛む右の膝裏を庇いつつ頑張って走るもとい歩いたりしつつ走る

スマホの電源切れてなくて撮影タイムしまくってたら9時間超えてたねこれ

 そんなこんなでゴールしてタイムは遅い速報の画像の通りの8時間58分20秒

 

ゴール後は先に30Kを完走したもう一人の友人と駄弁りながらラーメン食べてたら

位山トレイルで併走したりしてたさかなくん帽子の人を見かけたので挨拶してたり

表彰式のプレゼンター終えてラーメン食ってる鏑木さん盗撮したり

よく考えたら一緒に写真とって貰えばよかったじゃんと思ったりしつつ

50K走ってる友人を待ってると制限時間8分前にゴールしてこちらも一安心

あとは温泉入って回転寿司食って帰宅の途についたのでしたーめでたしめでたし

 

最後に反省点をだらだらと考えてみるとー

前述の下りの苦手さは慣れるかある種吹っ切るぐらいしか手段ないか

30Kのトップの人にツエノの下りでぶち抜かれたけどあんな速度出せねぇぜ

まぁ大怪我に繋がらない程度の速度で下りれりゃ良いから頑張ろう

 

あとはどのぐらいの時間で次のASや関門まで行けるかの判断がまだ全然できない

これも慣れというか山登る機会が少ないってのが原因なのは承知してるので

新城までの課題にしとこーつってもしばらくはロード練習中心だけどね

 

さてこれで年内のレースは終了で後は年末あたりに今年の総括でも書くとしよー

年明けは3日の矢作川ハーフから木曽三川モリコロ静岡とフルを3連戦

無謀気味だが何とか木曽三川か静岡でサブ4達成して富士五湖に弾みをつけたい

兎に角年末年始に体重減らせずとも増やさないように頑張るのが鍵だろうな!